2018年6月13日~14日の2日間、茨城県高萩市の中学校の職場体験学習で1名の生徒さんを受け入れました。

20180613-01.jpg

社長から業界や会社の説明

20180613-02.jpg

実際に近い形でのプログラミング体験

20180613-03.jpg

20180613-04.jpg

体験のふりかえり・感想(座談会)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-

体験学習された生徒さんの感想

 今回の職場体験で、僕は沢山のことを学ぶことが出来ました。
 まず1つ目は、1日目の社長講話で知ることができた、IT業界についてです。ITというのは、もともとあるものを、さらに便利にすることが基本であること、IT業界には大きく分けて5つの種類があること、それぞれの役割などについて、話を聞いていく中で関心が深まっていきました。
 次に2つ目は、仕様書の作成の時に変わったITの仕事への見方です。デスクワークが多いというのは予想通りでしたが、協力して1つのものを作っていく中で、話し合いや相談など、かなりコミュニケーションを取ることがあるなと感じました。今まではあまり話さず、黙々と仕事をしているイメージがあったのですが、そうでないことに気付き驚きました。
 更に3つ目はシステムを1つ作るのに多くの工程と、確認があることです。仕様書に従ってコードを書き込み、間違いがあったら探して直す、1つでも間違っている、大文字小文字の違いでも動作しないなど、やはり繊細なものなんだと感じました。また、コードを入力した後も、動作確認を細かく行い、最後まで丁寧にやっているということが分かりました。
 最後になりますが、今回職場体験を受け入れて下さった株式会社ダンクの皆さま、またセミナーをして下さった社長様、職場体験を手伝っていただいた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。この度はありがとうございました。
 この体験で得た多くのものを胸に、夢に向かって精一杯頑張りますので、皆さんもぜひ頑張ってください。

弊社受入れスタッフの感想

① Y.S(27才)
----------------------------------------------------------------------------------------
パソコンを使う仕事=自分一人で完結する仕事、と思われがちですが、そうではありません。
実際に、複数人で協力し成果を出す体験をしてもらい、そういったことを学べたのではないかと思います。
職場体験をされた生徒さんは礼儀正しく、とても真面目に2日間の体験を行っていました。
今回の職場体験が、今後のためになる経験となれば幸いです。
弊社としてもとても有意義な時間を持つことができ、貴重な体験となりました。
ありがとうございました。

② T.T(22才)
----------------------------------------------------------------------------------------
今回参加していただいた生徒さんは体験する作業の内容をしっかりと理解し、取り組んでいたように見えました。また、作業中分からないことがあった時も質問をし、疑問を解消する積極性が伺えました。
そうした生徒さんの姿を見て、その作業に対する姿勢や礼儀正しさを私も改めて見習いたいと思いました。
今回の職場体験が将来、生徒さんの人生の選択に良い影響を与えることができれば幸いです。貴重な体験をさせていただきありがとうございました。

③ M.H(22才)
----------------------------------------------------------------------------------------
今回初めて職場体験の対応を務めさせて頂きました。
この業界は一人で黙々と業務をこなすと思っていたそうです。
しかし、実際はコミュニケーションを取ることが多くあり、とても大切なことであると理解して頂けました。職場体験を通してこの業界の雰囲気も学ぶことが出来たのではないかと思います。
最初は生徒さんも私自身もとても不安で緊張していましたが、業務以外のお話も出来たので、リラックスして取り組むことが出来ました。生徒さんには将来の何かのきっかけになって頂けたら幸いです。
私も貴重な体験が出来ました。ありがとうございました。

CEO_Photo-150x150.jpg  弊社社長より

昨年に引き続き地元の中学生の職場体験を受け入れさせていただきました。
今回の生徒さんも二日間という短い期間ではありましたが、一生懸命取り組みIT業界のことを理解していただけたと感じました。
将来性のある生徒さんと職場体験を通じて接することで、弊社スタッフも良い意味で刺激を受けていると思います。
社会の中でIT業界の位置付けは、益々重要性を増してゆくことが予想され、人材育成に力を注ぐことは不可欠であると思っています。
これからも機会があれば、インターンシップや職場体験等で地域貢献が出来ればと考えています。