GIS

「地学教育のためのGIS研究室」特設サイトをオープンしました

【掲載日: 2018年08月21日】

GIS(地理情報システム)とは、地理情報やそれに付加する情報などを電子地図に表現して作成・編集・検索などが行えるソフトウェアです。GISを活用したソリューションやアプリケーションは、理科教育(特に地学教育)において観察・探求が重要視される中、G空間情報およびGISを活用した教育・指導は理解を深めるために大いに役に立つ技術です。
2000年第以降、無料で利用できるオープンソフトウェア(OSS)で高機能のGISソフトが開発され、専門家以外でもGISを活用できる環境が整備されつつあります。
「地学教育のためのGIS研究室」サイトでは、このOSSのGISソフトを利用して、安価かつ利便性のよい利用目的別のアプリケーションの開発ケーススタディをご紹介します。

「地学教育のためのGIS研究室」サイトはこちらから ↓ 

地学教育のためのGIS研究室

 

このプロジェクトの研究成果は、平成30年8月26日 に筑波大学構内にて開かれる「第72回 日本地学教育学会全国大会(茨城大会)」のワークショップ「GISを使った地質図と地学教材づくり」にて発表いたします。

日本地学教育学会全国大会で地学教育におけるGIS活用についてのワークショップを開催しました

【掲載日: 2018年08月31日】

平成30年8月25、26日、筑波大学(茨城県つくば市)で開催された日本地学教育学会第72回全国大会(茨城大会)において、「GISを使った地質図と地学教材づくり」のテーマでワークショップを行いました。
当日は15名の教員および地学教育関係の方々に参加いただき、弊社と筑波大学が共同で進めている地学教育におけるGIS活用のための「Web地学ライブラリ」開発プロジェクトの成果を踏まえて、実際にGISを用いた教材作成を体験していただきました。

 

20180830

本ワークショップその後の質疑応答などを通して、学校教育における地学教育の実態やICT教育へのGISの活用について貴重な示唆を得ることができました。

本ワークショップの成果を踏まえ、今後も地学教育のためのGIS活用プロジェクト(※)を進めていきたいと考えております。

※「地学教育のためのGIS研究室」にプロジェクト成果を掲載しています。

2019/8/17-18 日本地学教育学会全国大会(秋田)にて発表・出展 & kindle書籍発売

【掲載日: 2019年08月09日】

令和元年8月17日、18日に秋田大学手形キャンパス(秋田県秋田市)において、日本地学教育学会第73回全国大会(秋田大会)が開催されます。
弊社は、同会場内においてポスター発表およびブース出展を行います。

ポスター発表のテーマは、『大学におけるGISを用いたデジタル地質図の作成実習の実践― その意義と検証 -』​​ということで、「地学教育のためのGIS研究室」において実践してきた内容を、ご協力いただいた筑波大学地層学研究室の先生方と共同で発表しています。

また、この発表に合わせて、kindle書籍を販売しております。

Kindle書籍

ブース出展では、発表内容および上記書籍にもとづいた実践の状況についてデモをご覧いただけます。
秋田近郊で地学教育(特に地質学)関連でご興味のある方はぜひご覧ください。

GIS を購読